HOME>アーカイブ>美味しい野菜を作るコツをアドバイスします
トマト

栽培環境を整える

野菜作りの中でもトマトは育てやすく、初心者にも人気です。しかし、栽培時期や栽培方法によって美味しさに違いが出るのが特徴です。トマトは、温かい気候を好み、水分をたっぷり与えてあげることで真っ赤な色味を付けます。さらに甘味をアップさせることができるため、栽培環境を重視することも大切です。特に日光に当たる時間が少ないと生長を促すことはできません。お日様の光をたっぷり浴びたトマトは、赤みや甘味が強く、さらに丈夫です。大玉や中玉など様々な種類がありますが、種類に関係なく栽培環境を整えてあげることもポイントです。日光不足を抑え、水はけの良い場所で栽培するなどトマトの成長に適した環境で栽培することも重要視したい育て方といえるでしょう。

栽培に適した時期に種を植える

美味しいトマトを味わうために、まずは栽培スケジュールを確認しておきましょう。種から育てる時には、3月頃に種をまくことが正しい育て方です。その後、5月頃に植え付けを行い、夏を過ぎた頃に収穫へと進んで行きます。地域によって違いがありますが、本格的に暖かくなる前に種まきを行うと7月から10月にかけて赤く実ったトマトを収穫することができます。もちろん育苗で育てることも可能です。既に苗が出ている状態から栽培できるため、初心者も失敗することなく美味しいトマトを育てられるでしょう。

広告募集中